さいたま市大宮区の眼科宮原眼科大宮クリニック

花粉症  −宮原眼科 大宮クリニック−

白内障や緑内障はもちろんのこと、眼鏡・コンタクトレンズ相談や、遠視、近視、乱視などの視力のこと、眼のかゆみや腫れ痛みなど、目のことなら何でもご相談下さい。日曜日も診察しています。

TOP > お知らせなど > 花粉症
宮原眼科医院:本院
医療法人社団明優会
スタッフルーム
アイキャッチバックナンバー
ECP Medical Book
eyecureprofessionalについて
お知らせなど

花粉症

花粉症となる原因や症状、対処法など
春に目のかゆみや目やに、充血などを起こす、「花粉症」についての解説

1.花粉症とはどのような病気なのか

→ 花粉に過敏に反応するようになって起きるアレルギー性疾患です。

花粉症は、体内で作られる花粉の抗体が許容量を超えると、花粉に過敏に反応するようになって起きるアレルギー性疾患です。花粉が目や鼻の粘膜に接触することでアレルギー症状が現われます。

今は花粉症でなくても、昨年の花粉で抗体が許容量の限界にきている可能性もあり、花粉が少ないからといっても油断は禁物です。

2.花粉症の症状(および花粉症が疑われる症状)

目の断面図

→ かゆみ、充血、目やになど。

目の周辺のかゆみ、充血、目やに、涙目などの症状が多くの人に見られます。

「アッカンベー」で見えるまぶたの裏の部分は結膜です。結膜は、涙と結膜から分泌される物質でいつもぬれていて、角膜の保護と眼球の動きを滑らかにするという重要な役割をはたしています。ところが、この部分は花粉等がくっつきやすく、アレルギー反応が起きやすくなります。

まぶたの腫れ、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどの鼻の症状や、のど、気管支、胃腸の症状、全身の倦怠感や発熱が見られる場合もあります。

3.花粉症になった場合(または疑われる場合)の対処法

→ 花粉をよせつけないように

症状を起こさないためには花粉をよせつけないことが大切です。

  • マスクやゴーグル型のメガネを使用しましょう。
  • 花粉が付着しやすいウール、毛布、などの使用は避け、すべりのよい生地の洋服などにしましょう。
  • 外出から戻ったら、玄関の外で、髪の毛、洋服、持ち物についた花粉はよく払いましょう。
  • 窓の無用な開閉はやめましょう。
  • 干した布団や洗濯物は、花粉を払い落としてからとりこみましょう。
  • 部屋の掃除は、隅々までこまめにていねいにしましょう。
  • 規則正しい生活を心がけ、バランスのとれた食生活に改善し、たばこ、お酒の摂取は控え目にしましょう。
  • 日々の花粉情報をこまめにチェックし、場合によっては外出を控えましょう。
  • きれいな水で目を洗うのも効果的です。

*花粉情報について

花粉の飛散量予測や飛散状況などについては随時公表されていて、環境省などのホームページで確認することが出来ます。
外出時などには事前に確認しておくとよいでしょう。

お知らせこんなときは求人ページ花粉症
TOP当院案内受診案内交通案内手術紹介こんなときはほかお知らせ
eyecureprofessionalについて
埼玉県さいたま市大宮区桜木町2丁目−1−1 大宮アルシェ6F
医療法人社団明優会 宮原眼科 大宮クリニック
TEL : 048-641-6000
copyright©  miyaharaganka all rights reserved 街の目医者さん 宮原眼科医院